サーフィン

Surfing

オリンピック競技大会(2020年/東京)の追加種目に正式決定されたサーフィン。当グループでは、「ワールドチャンピオンシップツアー(WCT)」に日本人として初めて参戦し、日本サーフィン史上初めて世界のトップレベルに躍り出た逸材とされる五十嵐カノア選手を支援しています。

Athletes

main_kanoa
prof_kanoa_sp

五十嵐カノア選手

Schedule

開催期間名称開催場所
11月12日(日)~11月24日(金)Hawaiian Pro (QS10,000)オアフ ハレイワ
11月25日(土)~12月06日(水)Vans World Cup (QS10,000)オアフ サンセットビーチ
12月08日(金)~12月20日(水)Billabong Pipe Masters Pipeline Hawaii (CT)オアフ バンザイ・パイプライン

Movie

2017 VANS US Open 優勝コメント

Profiles

prof_photo_287_kanoa

五十嵐カノア選手 Kanoa Igarashi

サーフィン


  • 生年月日
1997年10月1日
  • 出身地
アメリカ合衆国カリフォルニア州
  • 血液型
A型
  • 身長
180cm
  • 趣味/特技
ゴルフ

過去の成績

この度、母国日本の企業である木下グループに所属させていただくことが決まり大変嬉しく思います。WSLの競技者として世界を転戦している僕にとってはとても喜ばしいことであり励みになります。世界チャンピオンの夢を叶えるために精進いたしますので、今後の僕の活躍に注目していただければと思います。

五十嵐カノア選手

2017年
  • WSL「MEO Rip Curl Pro Portugal」3位
  • WSL「Quicksilver Pro France」25位
  • EDP Billabong Pro Cascais 3位
  • WSL「Hurley Pro at Trestles」5位
  • WSL「VANS US Open」優勝
  • WSL「Shoe City Pro 2017」優勝
2016年
  • 史上最年少、アジア人初でWSLワールドチャンピオンシップツアーに参戦
  • WSLワールドチャンピオンシップツアー年間最終ランキング 20位
  • WCT最終戦 「Billabong Pipe Masters」2位
  • WCT開幕戦「Quicksilver Pro Gold Coast」9位
  • WSL「VANS US Open」4位
  • WSL「Pantin Classic Galicia Pro」優勝
  • WSL「Hang Loose Pro」 優勝
2015年
  • WSL「Hurley Australian Open of Surfing」プロジュニア優勝
  • ポルトガル「Boonman Air Show」優勝
  • サンディエゴ「2015 AM SLAM SURF SLAM」優勝
  • WSLメキシコ「Los CABOS Open of Surfing」プロジュニア優勝
  • WSL QS-3000バージニアビーチ「Vans Pro」優勝
  • WSL QS-6000 ブラジル「Mahalo Surf Eco Festival」優勝
  • Ron John Vans Junior Pro 2位
2014年
  • ASP「Shoe City Pro 2014」Huntington Beach優勝
2013年
  • Burton Toyota Pro Jr. 2位
2012年
  • ASP 1-Star DNA Energy Pro Jr. 優勝
  • RCGS Huntington Beach (U-16,U-14)優勝
  • Nike US Open of Surfing Jr. Pro 2位
  • King of the Groms World Final 2位
  • USA Championship U-18史上最年少優勝
2011年
  • VQS「ボルコム世界選手権」ボーイズクラス世界チャンピオン
2010年
  • NSSA全米ナショナルチャンピオン獲得 NSSAミドルスクール(ボーイズ)クラス/NSSAエクスプローラー(ボーイズ)クラス/全米チャンピオン(ボーイズ)で三冠王
2009年
  • NSSA主催の大会で最多勝となる30勝を記録
2007年
  • 最年少でUSAサーフTEAMに入る
2004年
  • 「Kids For Clean Waves」Huntington Beachサーフィン大会に初出場初優勝
Top